健康面から見たレギュラーコーヒー

仕事の合間や勉強中の気分転換に飲むことが多いレギュラーコーヒーですが、健康面でもいろいろと効果があることが研究によって明らかにされてきました。

レギュラーコーヒーに含まれている成分としてポリフェノールの一種のクロロゲン酸があります。



コーヒー豆の中に10から15%の割合で含まれていて、抽出することで摂取することができます。ただし、焙煎により分解されるため焙煎を深めにすると少なくなってしまいます。

また、顕著にわかるほどの味はないと言われていますが、抽出時間を長くした時に感じる雑味の原因になっているとも言われています。効果的に摂取するのであれば短時間の焙煎で、適度な抽出を心がけるといいでしょう。



レギュラーコーヒーに含まれるクロロゲン酸は炎症を抑える効果があると言われています。

炎症は体内の器官が傷つけられることによって発生する症状です。

傷ついたところが細菌などに感染しないように白血球が集まって熱を帯びさせます。


免疫機能として大切な作用ですが人にとっては違和感や痛みを伴うことがあります。その目的からある程度の炎症は必要かもしれませんが、過剰に続くと体に負担をかけることになります。

クロロゲン酸はそのような炎症を鎮静化する作用が期待できます。



炎症を抑えて早めに機能を正常にすることができるので体調の回復が早くなります。

だからと言ってレギュラーコーヒーを大量に摂る必要はありません。
2から3杯をゆっくりと摂ることで十分な量を取ることができます。