ドリップコーヒーよりも簡単なフレンチプレス

コーヒーをいれると言っても、その方法は様々あります。最も一般的で、人気がある方法として、ドリップコーヒーがあります。



これは、紙や金属のフィルターにコーヒー豆を入れ、そこへお湯を注ぐことにより、コーヒーを抽出するという方法です。



ドリップコーヒーの味は、コーヒー豆の違いだけではなく、いれる人によっても異なるため、安定した味を得るためには、経験などが必要となります。
お湯の注ぎ方や抽出時間、コーヒー豆の鮮度によって、ドリップコーヒーの味は異なります。

より簡単にコーヒーを楽しむことが出来る方法として、フレンチプレスという方法があります。


これは、ドリップコーヒーとは異なり、コーヒー豆の量や抽出時間を間違わなければ、誰がいれても味に大きな違いがみられるという事はありません。フレンチプレスは、専用の器具にコーヒー豆とお湯を注ぎ、コーヒーが抽出されたら、コーヒー豆を器具の下の方に押し込むことで、コーヒーとコーヒー豆が混ざらないようにしたものです。



フレンチプレスでは、ドリップコーヒーをいれるときのように、フィルターを用意する必要はありませんし、フィルターを使用した際に取り除かれるコーヒーの油分が取り除かれないために、重みのあるコーヒーを楽しむことが出来ます。


なお、フィルターで濾しているわけでは無いため、細かいコーヒー豆の粉も混ざってしまうことがあります。

その為、一般的なコーヒーと比べると、ざらつきが感じられることもあります。